神の乳母
神の乳母

神の乳母(めのと)~異形に奪われた妻
作者:達磨さん転んだ / チンジャオ娘

神の乳母 第1話 ネタバレ

第1話のあらすじ

話題作『神の乳母~異形に奪われた妻~』第1話のあらすじです。

主人公の杉山百合恵(29歳)は旦那と息子に囲まれマンションで幸せな日々を過ごしている。

黒髪清楚でおしとやかな感じの美人若妻だ。

彼女は上の階に引っ越してきた「神守」という女性がベビーシッターを探していると聞き、少しでも家計の助けにならないかと思い旦那に相談する。

同じマンションであれば安心ということで旦那の承諾を得た彼女は翌日神守の家を訪れる。

部屋から出てきたのは黒ずくめの妖しい衣装を着た神守さん。

ベビーシッターの仕事を引き受けることが決まりその日から面倒をみることになった百合恵は、赤ん坊の部屋に通される。

薄暗い部屋の真ん中にベットがぽつんと置かれている異様な雰囲気の場所だ。

「・・・バケモノ?」

彼女は赤ん坊の姿をみて驚愕する。

そこにいたのは人間ではない何ともグロテスクな異形の生命体だった!

神守はその赤ちゃんのことを「神様」と呼んでいる。

ベットから出て百合恵に抱き着く赤ん坊をの様子をみて安心した神守は部屋を出て行った。

その後、神守に出されたお茶に入っていた薬で動けなくなってしまった百合恵は、その赤ちゃんに乳首を吸われてしまう。

あまりのおぞましさに震えてしまう百合恵だった...

▼神の乳母 無料立ち読みはコチラ▼
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用