神の乳母
神の乳母

神の乳母(めのと)~異形に奪われた妻
作者:達磨さん転んだ / チンジャオ娘

神の乳母 第2話 ネタバレ

第2話のあらすじ

チンジャオ娘。『神の乳母(かみのめのと)』第2話のあらすじです。

異形の赤ちゃんにはへその緒のようなものがついていた。

百合恵に抱き着いた赤ちゃんについたそのへその緒のようなものが動きはじめ下半身へと伸びていく。

パンティの上からまさぐるように百合恵の秘部を刺激し、そしてするすると中に入っていった。

アソコに入ってくるのではないかと思った百合恵は

「それだけは許して!」

と叫ぶがへその緒は容赦なく膣内に侵入していく。

これまで味わったことのない快楽で溢れてくる愛液。

すると、へその緒は愛液を音を立てながらじゅるじゅると吸い始めたのです。

何度もイカされ抵抗できない百合恵のもとに神守が帰ってきた。

百合恵はこのことを誰にも言わないこと、明日からも毎日通うことを条件に条件で帰してもらうことができた。

▼神の乳母 無料立ち読みはコチラ▼
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用